日本建築学会賞

  • Posted on 5月 27, 2013 at 4:47 PM

日本建築学会賞は、社団法人日本建築学会が、建築や建設の分野に関わった個人や団体を表彰している賞です。

日本建築学会賞には、大賞、文化賞、奨励賞、作品選奨の4賞があります。

大賞は、論文、作品、技術、業績など、建築に関わる多方面からの分野において、日本の建築の発展に貢献した個人に贈られる賞です。

日本国内の建築家個人に贈られる賞は、日本建築学会賞作品賞となっています。

これは、毎年1~3作品が受賞しています。

日本建築学会賞作品賞は1949年に始まっており、これは日本で最も長い建築化へ贈る賞となっています。

日本建築学会賞作品賞は、日本で建築された日本人による建築物ならどのようなものでも対象としており、幼稚園の建物から市民会館、盲導犬総合センターなど、多くの建築作品から作品賞が選ばれています。

Comments are closed.