建築と設備は現場で一蓮托生

これからの時代は技術だけを磨くのではなく、会社が利益を上げるのも損失を被るのも現場の運営によって決まっていくことを知り、経営にも携わることのできる人間が必要となってきます。

現場の体験というのは非常に大きな影響を及ぼし、設備系の現場は建築系の現場のような過度な残業になり、建築と同じで建築と設備は現場で一蓮托生です。

設備系の設計の残業量は建築と同じでして、期限を設けて行う仕事ですから建築と変わらず大変な業務であります。

また、資格は取った方が良いのは当然なのですが、現場経験は必ず必要だと思います。

設計にしても施工にしても、本当に好きでなければ仕事を長く続けることが出来ない業種でして、設計は施工者に問題を先送りすることや、押しつける事が可能になります。

全てではありませんが、設計事務所の中には設計者の責任を避けようとする傾向もあり、施工者はこのような諸々のことを全て受け止めて作り上げなければなりませんので、精神的にも強くある必要があります。

実際に仕事をしている人でないと分かりませんが、設計図通りに作れない設計と言うのが非常に多く、毎日葛藤しながら仕事をしている人もいます。

設計と現場監督

建築関係の仕事を就くためには、必ず一級建築の資格が必要になるわけではなく、建設会社を開業するときなど、信用問題に関わる業種によりますが、1つ言えることは取っておいたことに越したことはありません。

現に私も資格を持って会社を経営しているわけですが、学生でアルバイトをしに来ている和解子が、設計と現場監督のどちらについたら良いかを悩んでいました。

私は個人的に勧めるとすれば、現場監督の方がいいと思いますが、その理由として、現場で働いた方が遥かに勉強になるからです。

好み目標、夢などが違うように設計の仕事を臨む人もいるのですが、極端なことを言えば、設計は机上で仕事をするのに対し、現場は実際の姿を見ることができます。

製品やメーカー、さまざまな関連会社の実際の動き、そして施工という作業の実態、さらには企業がどのように利益を上げていくのかというマーケティングやビジネス、これらが直接体験できるのが現場です。

情報提供サイト:失敗しない建築パース

よく見る広告は建築パース?

よく街を歩いていると、大きな施設の宣伝が書かれた広告を目にします。
ビル内部の説明なども書かれており、分譲マンションなどでも同じような広告も見ますね。
これって何ていうだろうと思っていましたが、建築パースというらしいです。
詳しい内容はSHERPAというHPに乗っていたのでみてみるといいかもしれません。

建築パースとは広告に使われる建物の完成予想図を意味し、周囲の顧客になるであろう人たちへの宣伝に活用されています。
確かに文面のみの広告と比較し、インパクトもあり印象に残りますよね。建築パースを作ってくれる会社もありますし、ちょっと見てみました。

建築パースはよく宣伝広告で使われていますが、いくら位なのかと金額を確認すると安いプランで2万円位からありました。
しかも最速プランだと最短30時間納品も可能とあり、対応力のある会社は便利だと感じました。実際急に宣伝を作る必要がある場合もありますし、急ぎの案件というのはあるものです。その為、こういった会社の存在は良い助けになりそうです。

建築パースはCGで作られていますが、すごくリアルです。
マンションなら購入意欲をそそられますし、興行施設なら興味がわきますよね。
住宅のリフォ-ムを依頼した時があったのですが、その時の3Dの画像で完成予想図を渡してくれた事がありました。確かに図面だけのものと比較し、実際に未来にどうなるのか想像しやすかったです。この建築パースという手法は宣伝効果も高いですし、顧客への情報の発信としても評価が高い方法です。
それを格安でやってくれる会社もあるのですから、競争社会はすごいなと思います。

また建築パースとは違いますが、提供している株式会社シェルパは同時にCGアニメーションなども提供していたり、FLASHでどの角度からみ見えるようなものもありました。
色々はパターンがありますし、ムービーも可能になっています。
説明付きのムービーでしたら、説明しやすいですし、内容もわかりやすいですよね。
コストが下がってきていますので、宣伝経費としても効率の良いものになっています。
今度建築パースをみたら、これいくら位なのかなあとか思いそうです。

Comments are closed.